Mrs.fictions製作日誌

舞台製作者集団Mrs.fictionsの製作日誌です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vol.1終わってしばらく。いこま。

製作日誌初書き込み、演出いこまです。
15mm閉幕後、はや数日が経ちましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕は朝まで続いた打ち上げの後、少し仮眠をとったらなんだか言い知れぬ喪失感に襲われ、開店休業よろしく午後から箱根へ行ってまいりました。
熱海じゃねーけどいーんだぜんぜん。

ビール飲み飲みロマンスカー。最高。
そして温泉。極楽。

心底リラックス&リフレッシュ。

現実世界に舞い戻ってからは公演の精算作業。
そして今日はfictionsの定例会議、通称「婦人会」の日です。
これまで水面下で進行していた15mm vol.2が本格始動します。
そして同時にvol.3の準備も始めなきゃです。

僕らは四月の結成以来ずーっとvol.1の成功に向けて動いてきたんですが、終わったら終わったで感慨に耽る間も無く次へ、次へ。

幸福です。

皆様のご助力無くば即座に干上がってしまうようなヒヨっ子の僕らですが、今回の企画を通して出会うことができた多くの人達のご好意を無駄にしない為にも、死なない程度に頑張っていく所存です。

これからもMrs. fictionsを宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

15mm vol.1閉幕。8月18~23日

15minutes made volume.1、無事に閉幕致しました。
ご来場頂いた皆様、応援してくださった皆様、並びにスタッフ、各参加団体、関係者、この公演に関わってくれた全ての方に最大限の感謝をします。

運営面での反省点は多々ありつつも(本当にいっぱいある)、
この公演の最大の目的である「観客と様々な表現との出会い」「集団同士の交流」や、
目論見であった「ショーケース的な楽しみ方」「7集団それぞれの作品が並んだときに一つの公演として面白いこと」
という、根っこにあった部分はブレずに最後までなんとかやれたのではないかと思っています。

小劇場演劇をもっと身近なものにしたい、という思いから始まったこの企画、第一歩を最高の形で踏み出すことが出来ました。

本当にどうもありがとうございました。

また、2ヵ月後に開催する15minutes made volume.2、既に水面下で動き出しております。
反省は活かし、より面白いものを。
この公演の定着と、小劇場演劇のさらなる活性化を目指し、動き続けて行きたいと思います。

何卒、よろしくお願い致します。

以下、雑記。
8月18日
劇団コーヒー牛乳さんの稽古を見学に行く。
この集団のあり方は非常にかっこいい。
見習わなければいけない点しかない。
(本番終了まで、大いになつかせてもらいました。)

8月19日
小屋入り前日。
全体稽古。
それぞれがそれぞれの作品を見合いました。
昼からそれぞれ通しと転換の確認、
夜は全体で通し稽古をしました。
夜、スタッフ打ち合わせ。

8月20日
小屋入り。
仕込み、場当たり。
スタッフさん、まじでお疲れ様です。

8月21日
場当たり、ゲネ、本番初日。
満員御礼。多謝。
初日は運営面での甘さがモロ出ました。
開演が押すなど、ご来場いただいた皆様にもご迷惑をお掛けしました。
猛烈に反省。

初日打ち上げ。
今回の企画上、打ち上げの人数も多い。
コーヒーさんと小指さんのマッチアップなど、熱い場面も続々。

8月22日2ステージ。
平日の昼から、多くのお客様にご来場いただきました。
夜も満員御礼。
昨日の反省をなんとか活かせたかと。

打ち上げを、コーヒー牛乳さんが取り仕切ってくれて、Mrs.fictionsの面々も大いに楽しませて頂きました。

8月23日
楽日。
昼夜共に、満員御礼。

今回は本当に多くのお客様にご来場いただき、本当にありがとうございました。

大打ち上げ。
朝まで話す。
このメンバーで集まることもなかなかないなあと思い、非常に寂しくなる。

今回は本当に本当に、メンバーに恵まれました。
それについてはまた後日。

本日最終日

Mrs.fictions presents「15 minutes made vol.1」本日最終日となります。いつもの岡野です。



■チケット情報
まことに申し訳ありませんが、昨日アナウンスした通り、
19時開演の回に関してはチケット完売いたしました。
ありがとうございました。


また14時開演の昼公演に関しては、まだ席に余裕がございます。
つまりvol.1を見れるのは、おそらくこれが最後のチャンスです。
昼ギャザも実施しておりますので、是非ご来場くださいませ。




■感想フォーム暫定版
http://www.mrsfictions.com/form_impre.html

時間が無かった為、劇場でアンケートをかけなかった方、
また日が経ってから感想を思いついた方、こちらの感想フォームをご利用ください。





■二日目も満員御礼。
全3日中、2日目の公演が終了いたしました。
ご来場いただきましてありがとうございました。

今回の公演は初めてのことだらけでしたが、初めての昼ギャザ公演も、
予想以上の集客にキャッシュバックが舞い踊っておりました。

500円のキャッシュバックを受け取るお客様の顔を見て、
「これで欲しかったマンガが買えるね」と、心の中で呟いていました。
というか、昼ギャザ実施の回に300円~500円くらいの小物を
受付で販売したら売れるんじゃないかしら。

そんなこと、日誌に書いてどうするつもりなのかしら。
気づけばもう4時10分を回っています。ぎゃあ。



最終日も、精一杯やらせていただきます。
それでは劇場にてお待ちしております。

チケット情報2 お詫びと御礼

昨晩に引き続き岡野です。

チケット残席状況に関するお知らせです。


昨晩残りわずかとアナウンス致しました23日(木)19時からの回ですが、チケットが完売してしまいました。
勝手ながら今よりネット予約を打ち切らせていただきます。


なお23日(木)14時からの回に関しましては引き続き、御予約承っておりますのでご利用下さいませ。


では簡単ながら、携帯からのお知らせでした。




■追記
少し遅くなりましたが、初日ご来場、ありがとうございました。
そして開演時間など押してしまい、まことに申し訳ありませんでした。
更には満員御礼のため、座席を詰めてお座りいただきありがとうございました。
お楽しみいただけていたら幸いです。

旗揚げイベントということもあり至らない点が多かったことを重ねてお詫び申し上げます。


時間がなくアンケートに記入できなかった方もいらっしゃるかと思います。近日中にホームページに「アンケート送信フォーム」を設置しようと考えています。
もしよろしければ劇場でアンケートを書いた方も、少し日が経って沸いてきた感想などをお聞かせ下さい。

それでは2日目も張り切って参ります。劇場でお待ちしてます!

チケット情報

Mrs.fictionsWEB担当の岡野です。

■チケット情報
誠に申し訳ありません、22日(水)19時からの回のチケットが売り切れとなってしまいました。

勝手ながらチケット予約フォームでのご予約を打ち切らせていただきます。

また22日(水)14時からの回、
そしと23日(木)14時からの回は、まだチケットは余っておりますのでご予約承ります。

23日(木)19時からの回のチケットも残り少なくなってきております。
ご予約はお早めにお願いいたします。



携帯からお知らせでした。

開幕します!

Mrs.fictions presents
「15 minutes made vol.1」



「人と人は出会わなければならない」という、
分かったような分からないような理念を掲げて、
そいつを背負って早四ヶ月。

日々、人と人の化学反応が起こっているのを目の当たりにしている。
順当に芝居を続けることだけではとても出会うことの無い人たちが、
一つの舞台を共有している。


そして今日、この現象を観客が目撃することで、
爆発するんじゃないかしら、何かが。



もうワクワクして、あと眠くてしょうがないんだけど、
いや、眠いですよそれは、嘘ついてもしょうがないじゃないですか。







ということで岡野は眠ります。
21日火曜日から三日間、ザムザ阿佐谷にて公演をやっております。
お時間ある方は、是非お越しくださいませ。

損はさせませんてば。


笑顔集

写真撮影 宮嶋みほい

in早稲田大学 あと3日

今村の書いた日誌の17日補足分だと思ってくださいませ。
補足大好き、岡野康弘です。



偏差値上がった気分で今日は昼から作業。ほどほどの量の仕事に、舞台監督のさめちゃんと、男六人。僕個人としては、仕事3割、手持ち無沙汰7割。程よく暑く、程よく涼しい。
早稲田




作業は三時間ほどで終了。
ちなみに服が汚れないようにエプロンまで持参した扇田は、じゃんけんに負けて早々に折込に向かいました。

早稲田の叩き場は活気があり、入れ替わり立ち代わり、装置を叩いたり色を塗ったり、人の流れが尽きることが無かった。学生会館には学内の劇団・劇研の芝居のチラシがベタベタ貼ってある。常にどこかで芝居が行われている。なんて素晴らしい環境なんだろうかと、非学生の自分は心地よさに中てられて終始ご機嫌だったさ。


ご機嫌ついでに横になったりして。
横早稲田



気づけば本番まで後三日だそうだ。
おお、あと三日。なんたるビューティフルドリーマー。
楽しみながら作っています。

まだまだチケット予約承っております!是非是非。へばへば。

8月12日~17日

いよいよ公演が差し迫ってまいりました。
来週はうだるような熱さも少々落ち着くみたいですので、お時間ありましたらぜひ、ザムザ阿佐谷に足を運んでみてくださいね。

8月12日
15minutes madeの上演順を決めるべく、また、テクニカル(スタッフさんとの兼ね合い)関連の打ち合わせも兼ねて、各集団さんに時間差で稽古場に来てもらい、それぞれの作品を見せていただきました。

いやあ、それぞれ、当たり前のように全然違います。
ショーのように楽しませてくれるのもあり、
会話劇あり、
現代口語演劇あり、
ホラーあり、
いい話あり。

してやったり。
韻踏んでますけども。
してやったりです。
各集団さんをホストとして迎えなければならない立場なのに、一番贅沢な観客になってました。
お客様に対して、ぼくらが一番やりたかったこと
「様々な表現との出会い」「それらが並んだときに公演として面白いこと」。自信を持ってこの二つを、出来てるよ! といえる内容です。

今回の集団さんを集められたときに、これは面白そうだなあと思っていたものが、そのまま出せそうです。
後はぼくらが気持ちよく観てもらえるように努力しないと。
宣伝になって気が引けますが、お時間ある方、ぜひぜひ。
まだチケットにも余裕がございますので。

13日
婦人稽古。
こちらも順調。
小道具(装置?)使い出して、いい感じです。

14日
会議。
稽古。
作業。

15日
稽古。
作業。
打ち合わせ。

16日
稽古。
作業。
電話でプレゼン。

17日
タタキ。
小会議。
散髪。
稽古。
打ち合わせ。
作業。

3つのテーマ

こんにちはお久しぶりの岡野康弘です。
今日も張り切ってまいります。



テーマその1
「Mrs.fictions」がいまいち定着しないことについて。

当団体は4月に結成された、いわば赤ちゃん劇団、赤ちゃんミュージカル劇団(※)な訳ですが、まだ指馴染み無く、パソコンで団体名を打ち込むたびにスペルミスが無いかとビクビクしてしまいます。(※大きめの赤ちゃんと小さめの赤ちゃんを同時に泣かせて和音を作ります。嘘です。)

今日本で一番Mrs,fictionsと打っている人間が未だ馴染んでない文字列です、当然はじめて書く人はミスを犯しても仕方が無い。横文字というのはなんとも曲者で、たぶん皆さんフィクションズと書いているつもりなんでしょうが、可愛いミスを連発してくれています。
fictio

あと某所に掲載されていた公演情報には「Mrs.fictoin」と書かれていました。ミセス・フィクトイン。なんとも可愛らしいじゃないか。ミセスフィクトインの岡野康弘。おお、馴染む。




テーマその2
「15 minutes made」をタカハさんが自由に呼ぶことについて。

正しくは「フィフティーン・ミニッツ・メイド」と読みます。このイベントの参加団体を集めるにあたり、主宰の今村は沢山の劇団・団体の代表者の方々と直接お会いし、話をさせていただきました。そしてミーティングなどを数度行ってきた今、今村の口から何度も「フィフティーン・ミニッツ・メイド」という言葉を聞いているのにもかかわらず、タカハ劇団の主宰タカハさんだけは、何故か「じゅうごミニッツメイド」と呼び続けています。僕たちは訂正するタイミングを完全に逃してしまいました。

圧力団体イクチヲステガのメンバーの方々が「ミス・フォレスト」と団体名をわざと間違って呼ぶのとは意味が違う感じ。たぶん誰か催眠術師が、タカハさんの頭から「フィフティーン」という単語を消し去ってしまったのでしょう。クラシック音楽かけると突然指揮者になるかもしれない。

ちなみに僕たちが主催するワークショップに関しては「じゅうごミリワークス」と読みます。勝手だよねええ。



テーマその3
うちの犬がヒットラーにそっくりな件について。
犬ヒトラー




さて、いよいよあと一週間と迫ってまいりました「15 minutes made vol.1」!昨日、参加団体の全ての作品を見せていただきましたが、これを1500円で見れるのは破格ですよ。少なくとも3000円は払えるなと、財布に手を伸ばしたら二千円も入ってなかったのでガッカリしましたが。

なんというか、このイベントは、各団体の「作品」の戦いであり、同時に「方法論」の戦いでもあって、自分たちの信じている面白いと思うもの、そしてそれを実現するための方法論がぎゅうぎゅうとせめぎ合いもの凄いエネルギーを生み出している、いわば小劇場の今の形そのものなんじゃないかと思ったりもしました。





思ったりしたところでケンタッキーの前で力尽きました。今日はここまで。


横

写真撮影 宮嶋みほい

8月4日~11日。

皆様お疲れ様です。
最近は暑いです。
今日は12日で、いっぱい書きたいことがあるのだけど、未消化分を。
事務的です。
事務的な毎日です。

8月4日
作業。

8月5日
作業。
高田馬場にて打ち合わせ。

8月6日
作業。
CINRA事務所にて諸々打ち合わせ。

8月7日
会議。
折込。
作業。

8月8日
フィクションズで呑み会。
本番に向けて。

8月9日
ご飯いっぱい食べました。
所用で実家へ。

8月10日
午前中、家で作業。
会議、稽古。
のち、新宿にて打ち合わせ。

8月11日
昼から小道具、制作グッズ買出し。
これまでも色々と運んできましたが、ドミノの次に運ぶのが辛かった。
地味なのに、重い。
これから小道具使って稽古やれるの楽しみです。
高価い消えモノですが。
夜、稽古。
途中退場し、制作グッズを運ぶ。

8月1日、2日、3日。

8月1日
全国的に一斉に八月に入りました。

音響・星野と新宿駅構内で一瞬会い、お金の受け渡しを行いました。
悪い取引みたい。

その後、中嶋と二人で某ユニット代表さんを迎え打ち合わせを。
たっぷり話しました。
日々、今まで話すことのなかった演劇を志す方と話す機会があるのは、素晴らしいですやはり。

家帰り諸々作業、就寝

8月2日
集団的には何もすることのない日。
諸々事務作業などしてから、下北沢へ。

友人がバンドから脱退するとの事でライブ観賞。
友人が所属しているから、とか言うわけではなく、ぼくはこのバンドのファンだったので、これは必見。

かっこよかったです。

バンドのライブは、その時々の感情がダイレクトに出て、その多くが肯定的な見世物となる可能性が高く、素晴らしいと思います。
芝居にもそういった要素を直列で加えられたらなああ。

友達がいる 夕べステージで キミは歌ってた まるでスターのように~
↑「バンドをやってる友達」という曲の歌詞。
この曲がなんとなく頭の中に流れながら、一人で下北ぶらぶら節をぶっこきました。

スズナリで公演をチェックしようとしていたら、舞台監督・さめさんに声を掛けられ、きょどりました。
スズナリに入ってらっしゃるとの事で、まじでお疲れ様です。

民亭でラーチャン食べて帰宅。うまかったです。

夜中、僕たちのチラシ、ロゴ等を一貫して作成してくれているデザイナー・セキコウ氏から電話。
諸々打ち合わせ。
セキコウさん、夜中まで、まじでお疲れ様です。

就寝。

8月3日
昼、渋谷にてチキングリル(元バームクーヘン・福田の立ち上げたユニット)の公演を観劇。
ピロートークで福田に耳元で囁かれているような気分に。
観れてよかった。

芝居終わって、会議。
各々報告、確認諸々、今後、稽古。

のち、稽古。
まずは鎖のエチュード。
これ、恒例になったのですね。
相変わらず役者さんがた面白い。

本編の稽古。
まず、やってみる。
二回参加出来なかったので、どうなったか楽しみにしてました。
演出・生駒が「途中でとめるかも」と言ったあと、手を叩いて芝居がはじまる。
結局通しました。
面白くなってました。
動きが整理されて、それぞれがやらなきゃいけないことをそれぞれ理解していて、見やすくなってました(完成は先ですが!)

順調に進んでます。
安心。

安心したので、出納帳を中心に金銭あれこれチェックこそこそ。

稽古後半、音響・星野が作曲家・みわこさんを連れて合流。
ビデオ撮影しながら二回通しました。
みわこさんには以前から大変お世話になってます。
今回もよろしくお願いします!

午後九時半、稽古終了。
解散。

7月31日

お疲れ様です。今村です。
今日は晴れて良かったですね。
夏到来ですね。
7月31日ですからね。
それはそうだ。
さてさて。

7月31日
午後2時より会議。
8月に入ると具体的に動くことがとても多くなってくるので、その確認。
また、内容自体をより面白くするためにああだ、こうだ、と意見を出し合う。
客入れ中(開演30分前から、芝居がはじまるまでの時間のこと)や、本編終了後も充実させたい、というような話。
具体的にまとまってきました。
お楽しみにっ。

午後6時より稽古。

午後7時。
ぼくと中嶋は、稽古には参加せずに打ち合わせをしに新宿へ。
某劇団主宰さんとお会いして、がっちり話す。
これで満足するのはいけないと知りつつも、新たに人と出会い、話すことはやっぱりとても素敵だと思いました。
二時間半。

中嶋と反省会を行い、帰宅。
諸々連絡、作業を行い、今。

そのような一日でした。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。