Mrs.fictions製作日誌

舞台製作者集団Mrs.fictionsの製作日誌です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンタクト。今村。

ご無沙汰しております、今村です。
また、ちょくちょく記事を上げていきたいと思っています。
今後は岡野くん、中嶋くんも書いていくって事で心強いです。

さて。
先陣を切った岡野くんの自己紹介とかすごい真っ当だなあと思ったのですが、僕は地味にコンタクトレンズの話をしようと思います。

大学生の頃から、基本眼鏡で生活しています。
眼鏡の人だと思います。
眼鏡がデフォルト。
恐らく知り合いは、眼鏡をしてない僕と会ったら不振がると思います。
なのですが、最近休みの日はコンタクトレンズを着用しています。

何を今さら色気づいてるんだ。
失敗してるよ、って思われると思います。
思われても仕方がない。

でもですね、違うんだよ!
一応目的があるのです。

それはですね、
「10月までにコンタクトで舞台に上がれるようになっている」
です。

10月に中嶋くん作・演出のMrs.fictionsの本公演がありまして出演する予定なのです。

数年前から役者としての活動が幾度かあり、
だいったい当然のように普段使いの眼鏡を掛けて出ていたのですが、
(思い返すと、ゴリ押しで普段使いの眼鏡を掛けて出演しているっていうのも酷い話な気がする…)
なかじはビジュアルこだわりさん。

日本の問題『天使なんかじゃないもんで』、
サヨナラ・サイキック・オーケストラ、
中井美穂×シアターグリーン企画「師匠の部屋」内『花柄八景』
中嶋くんの作品に出演する時は100パーセント眼鏡を掛けさせてもらえていないのです。
何れも、全然見えていなかった…
岡野くんがどんな顔してせりふ言ってるか全然見えてなかったんです。

これはゆゆしき事態といえましょう。
お芝居はウソって言ってもさ、無駄にハードルあがるじゃんね。
『相手の目を見て会話してる風の会話』とか、見えてれば目を見て会話すればいいだけの話ですから。
コミュニケーションとる上でも相手の顔が見えてないとかなーりやり辛いものなのです。
ていうか、もっと気をつけるところいっぱいあるよ!

だけど、いきなりコンタクトレンズをつけてもうまくいかない。
コンタクトをしている状態に慣れていないんだか、ぜんっぜん集中できないのです。
見えないほうがまだ出来るわ、ってくらい集中力を欠いてしまうんです。
でも、もう相手のことが全然見えてない状態で芝居するの嫌だよー。

ですので、秋の公演に向けていまからコンタクトレンズに慣れようとしているのです。
慣れていくものなんでしょうか。
乱視なのでハードレンズなんですけど、なんかソフトのほうが違和感なさそう。
そんなことないのかな…
世の中のコンタクトの人はどうなのでしょう。
最初から割と普通だったのかな…
ていうかコンタクトつけて舞台とか、上がってるの、みんな。

わからないことだらけです。
いまのとこ、違和感しかない。
肩凝ります。
そういうものなのか、気にならなくなるのか、知ってる人居たら教えてほしい。
ほんとに。

という訳で、10月本公演に向けて、地味に準備をはじめました。
ほんとの私、デビュー目指します。

でも10月の公演に限らず、眼鏡有り無しの選択肢が増えることはいい事だと思うんですよね。
スポンサーサイト

春の嵐が過ぎまして(岡野康弘)

あいさつ

 うとうとして書いていたら何の拍子か、書いていた日記が消えてしまったなんてこと、この先何年も繰り返していくことなんでしょう。前の日記を書いてからもう一週間が経とうとしている、と書いてみてこの「経とうとしている」という言葉の妙なこと、時間を擬人化して、さも時間が好き勝手に流れてるみたいな物の言いよう、この言葉を作った人の気持ちに思わず寄り添ってしまうMrs.fictions岡野康弘です。

 本日もこのブログ、サーバーに直接思念を送って書き込んでおります。春の嵐は過ぎ去ったのでしょうか?次回公演予定が少しだけ公開されている僕たちですが、劇場や日程が決まってまいりましたので、そろそろ続報をお知らせできると思います。もう少々お待ちくださいませ。

よざくら
今年の最後の夜桜の葉桜の




岡野康弘自己紹介 ふたつめ

 Mrs.fictions所属の役者兼戯曲書き。発表した作品数は15分の短編が7本、30分の短編が2本。尺にして計165分で、没になったものや未上演のものを含めればさらに数作品あるが、この上演数で戯曲書きを名乗って良いものなのか0.5秒ほど逡巡してから肩書きに「戯曲書き」を加えています。

以下そのタイトルを上演順で。
「紙の上の話し」「戦わないデイズ」「松任谷由実物語」「藹のある場所」「僕を寝かさない」「殴る蹴る」「まちのいきもの」「とりあえず先は見えない」「だらしなく人生は確かに続く」

 才能や能力のないことを突きつけられるのがとにかく怖く、小さくまとまって過ごしてきた作家人生ですが、ようやく「それでもやらなければならない」というような気持ちになりまして、先日初めて戯曲賞なるものに応募をしたりしてみました。『せんだい短編戯曲賞』という賞です。"短編"戯曲賞です。6年間短編しか書いてこなかった僕にとっては、もう戯曲賞が向こうからネギ背負ってやってきたようなものじゃないですか。これはもらわなきゃいけない賞だと、なんとかかんとか新作を書き上げて応募をしましたが、自分がネギ嫌いなことに気づいたのは郵便窓口で消印が捺されてからでした。

 この作品、最終候補にも残らなかったらホームページで全編公開をして、何が駄目だったのか一人検討会を開こうと思います。先ほど応募数161編というのを見てしまい、もうすでに負けた気になっています。そんな僕に色々とご期待ください。



今後の出演情報

 初日まであと10日を切りまして、稽古も大詰めです。
 前半の回は国分寺大人倶楽部でもお馴染みの「終演後のおまけ演劇」がついてきます!是非にっ。
(※簡易公演情報を載せております。詳細は過去の記事をご覧ください。)


Straw&Berry 第1回公演『マリア』
脚本・演出:河西裕介(国分寺大人倶楽部)

【出演】
佐賀モトキ、金丸慎太郎(贅沢な妥協策)、鮎川桃果、岩本えり(乞局)、岡野康弘(Mrs.fictions)、野田慈伸(桃尻犬)、野田裕貴、松澤匠、百花亜希(DULL-COLOREDPOP)

【日程】
4月17日(水)~23日(火)

【チケット】
(全席自由・日時指定)
前売…3000円
当日券…3500円
中高生…20円(枚数限定、前売のみ、要学生証)

【公演会場】
王子小劇場

【ご予約】
http://ticket.corich.jp/apply/43611/okn/
(こちらでご予約いただくか、このブログのコメント欄やツイッターなどでも承ります)

【お問い合わせ】
Straw&Berry
MAIL:straw_and_berry_xxx@yahoo.co.jp






・・・・・

岡野康弘
twitterID:https://twitter.com/okano_fictions
tumblr:http://okano-fictions.tumblr.com/

ブログ再開してみます(岡野康弘)

■あいさつ

 こんにちはMrs.fictionsの岡野康弘です。
 この度、すっかり放置しっぱなしだったMrs.fictionsのブログ「Mrs.fictions製作日誌」を再開させることにいたしました。再開にあたり、先日の告知通りメンバーも3人に減ったことだし、せっかくだからみんなで書いていこうじゃないか、というような話になりまして、僕もこうやって筆を取って墨汁に浸し、パソコンのディスプレイに直接文字を書き込んでみている次第です。

 僕個人のことを言えば折り畳み傘をたたむ度に指先に血豆を作るような男ですから、皆様にお聞かせするような愉快な話題もそうそうございませんが、好い機会ですので、週に1度くらいは何か書いていけたらなあと思っておりますのでよろしくお願いいたします。


 さてさて、こうやって文章を書いていると、自分のことを知っている人が見ていることを前提にしてしまいがちですが、簡単にツイッターが炎上する時代ですから誰が見ているかわかったものではありません。改めて、自己紹介をしていきたいと思います。

 また岡野康弘のことを認識してくれている方も、舞台役者として?劇作家として?野菜食べられない人として?カタカナ読めない人として?世界の遺跡捏造家として?毎日蟻に巣穴までさらわれる人として?どんな顔の岡野をご存知なのか今のところ僕は知れません。なのでこのブログで毎記事ごとに少しずつ自己紹介をしていきたいと思います。

 気長なお付き合いをよろしくお願いいたします。





■岡野康弘自己紹介 ひとつめ

 名前は岡野康弘、東京都を拠点に活動しているMrs.fictionsという演劇の創作家集団(劇団)に所属しています。
役者としての活動を主とし、自劇団の全ての作品に出演すると共に、様々な団体に客演をし、長編短編含め年間6本~10本程度の舞台出演を果たしている。存在感と安定感のある演技が定評を集め、近年では「ろりえ」や「ジエン社」などにほぼレギュラーで出演をしている。大きくて不安げな目や、人よりもプリっとしたお尻が身体的な特徴として挙げられる。また、今までの自分には出来なかったものを吸収すべく舞台オーディションなどに積極的に参加しているが、軒並み落ちては落ち込んでいる。

岡野-花柄八景より
2012年8月『花柄八景』よりとても舞台俳優っぽい一枚




■今後の出演情報

15 Minutes Madeにも出演したことがある国分寺大人倶楽部の主宰・河西裕介さんが立ち上げた別ユニットの第一回公演に役者として参加することになりました。とあるバンドマンと、彼の周りに溢れる母性についてのイタ切なエロ悲しいお話です。


 Straw&Berry 第1回公演
『マリア』
脚本・演出:河西裕介(国分寺大人倶楽部)
----------------
4月2日、晴れ。

一週間ぶりに外出をした。
小金井街道の桜がクソみたいに綺麗で、それを見ていたら、マリアのことを思い出し
た。
コンビニのトイレに入り、ひとしきり泣いた後、射精をした。

家に帰り、「絶望」と「再生」について考える。
「人間、そう簡単に絶望なんてしないよ。」
と、彼女は言った。
だから僕は、「再生」の歌を作らなくちゃいけない。

明日から、薬の量を増やそうと思う。
----------------


【出演】
佐賀モトキ、金丸慎太郎(贅沢な妥協策)、鮎川桃果、岩本えり(乞局)、岡野康弘(Mrs.fictions)、野田慈伸(桃尻犬)、野田裕貴、松澤匠、百花亜希(DULL-COLOREDPOP)

【日時】
4月17日(水)~23日(火)
 17日(水)19:30★
 18日(木)14:30★/19:30★
 19日(金)19:30★
 20日(土)14:30★/19:30
 21日(日)14:30/19:30
 22日(月)14:30/19:30
 23日(火)18:00
★の回は、終演後、おまけ演劇『会沢ナオトインティライミ』(約10分)を上演します。

※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。
※開演5分前までにご来場のない場合、ご予約がキャンセル扱いとなる場合がございます。お時間には余裕をもってお越しください。

【チケット】
(全席自由・日時指定)
前売…3000円
当日券…3500円
中高生…20円(枚数限定、前売のみ、要学生証)

【公演会場】
王子小劇場
⇒JR京浜東北線、東京メトロ南北線「王子駅」より徒歩5分
(東京都北区王子1-14-4 地下1F)
http://www.en-geki.com/

【ご予約】
http://ticket.corich.jp/apply/43611/okn/
(こちらでご予約いただくか、このブログのコメント欄やツイッターなどでも承ります)

【お問い合わせ】
Straw&Berry
MAIL:straw_and_berry_xxx@yahoo.co.jp








・・・・・

岡野康弘
twitterID:https://twitter.com/okano_fictions
tumblr:http://okano-fictions.tumblr.com/

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。