Mrs.fictions製作日誌

舞台製作者集団Mrs.fictionsの製作日誌です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンタクト。今村。

ご無沙汰しております、今村です。
また、ちょくちょく記事を上げていきたいと思っています。
今後は岡野くん、中嶋くんも書いていくって事で心強いです。

さて。
先陣を切った岡野くんの自己紹介とかすごい真っ当だなあと思ったのですが、僕は地味にコンタクトレンズの話をしようと思います。

大学生の頃から、基本眼鏡で生活しています。
眼鏡の人だと思います。
眼鏡がデフォルト。
恐らく知り合いは、眼鏡をしてない僕と会ったら不振がると思います。
なのですが、最近休みの日はコンタクトレンズを着用しています。

何を今さら色気づいてるんだ。
失敗してるよ、って思われると思います。
思われても仕方がない。

でもですね、違うんだよ!
一応目的があるのです。

それはですね、
「10月までにコンタクトで舞台に上がれるようになっている」
です。

10月に中嶋くん作・演出のMrs.fictionsの本公演がありまして出演する予定なのです。

数年前から役者としての活動が幾度かあり、
だいったい当然のように普段使いの眼鏡を掛けて出ていたのですが、
(思い返すと、ゴリ押しで普段使いの眼鏡を掛けて出演しているっていうのも酷い話な気がする…)
なかじはビジュアルこだわりさん。

日本の問題『天使なんかじゃないもんで』、
サヨナラ・サイキック・オーケストラ、
中井美穂×シアターグリーン企画「師匠の部屋」内『花柄八景』
中嶋くんの作品に出演する時は100パーセント眼鏡を掛けさせてもらえていないのです。
何れも、全然見えていなかった…
岡野くんがどんな顔してせりふ言ってるか全然見えてなかったんです。

これはゆゆしき事態といえましょう。
お芝居はウソって言ってもさ、無駄にハードルあがるじゃんね。
『相手の目を見て会話してる風の会話』とか、見えてれば目を見て会話すればいいだけの話ですから。
コミュニケーションとる上でも相手の顔が見えてないとかなーりやり辛いものなのです。
ていうか、もっと気をつけるところいっぱいあるよ!

だけど、いきなりコンタクトレンズをつけてもうまくいかない。
コンタクトをしている状態に慣れていないんだか、ぜんっぜん集中できないのです。
見えないほうがまだ出来るわ、ってくらい集中力を欠いてしまうんです。
でも、もう相手のことが全然見えてない状態で芝居するの嫌だよー。

ですので、秋の公演に向けていまからコンタクトレンズに慣れようとしているのです。
慣れていくものなんでしょうか。
乱視なのでハードレンズなんですけど、なんかソフトのほうが違和感なさそう。
そんなことないのかな…
世の中のコンタクトの人はどうなのでしょう。
最初から割と普通だったのかな…
ていうかコンタクトつけて舞台とか、上がってるの、みんな。

わからないことだらけです。
いまのとこ、違和感しかない。
肩凝ります。
そういうものなのか、気にならなくなるのか、知ってる人居たら教えてほしい。
ほんとに。

という訳で、10月本公演に向けて、地味に準備をはじめました。
ほんとの私、デビュー目指します。

でも10月の公演に限らず、眼鏡有り無しの選択肢が増えることはいい事だと思うんですよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mrsfictions.blog110.fc2.com/tb.php/308-27b2e66c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。