Mrs.fictions製作日誌

舞台製作者集団Mrs.fictionsの製作日誌です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の嵐が過ぎまして(岡野康弘)

あいさつ

 うとうとして書いていたら何の拍子か、書いていた日記が消えてしまったなんてこと、この先何年も繰り返していくことなんでしょう。前の日記を書いてからもう一週間が経とうとしている、と書いてみてこの「経とうとしている」という言葉の妙なこと、時間を擬人化して、さも時間が好き勝手に流れてるみたいな物の言いよう、この言葉を作った人の気持ちに思わず寄り添ってしまうMrs.fictions岡野康弘です。

 本日もこのブログ、サーバーに直接思念を送って書き込んでおります。春の嵐は過ぎ去ったのでしょうか?次回公演予定が少しだけ公開されている僕たちですが、劇場や日程が決まってまいりましたので、そろそろ続報をお知らせできると思います。もう少々お待ちくださいませ。

よざくら
今年の最後の夜桜の葉桜の




岡野康弘自己紹介 ふたつめ

 Mrs.fictions所属の役者兼戯曲書き。発表した作品数は15分の短編が7本、30分の短編が2本。尺にして計165分で、没になったものや未上演のものを含めればさらに数作品あるが、この上演数で戯曲書きを名乗って良いものなのか0.5秒ほど逡巡してから肩書きに「戯曲書き」を加えています。

以下そのタイトルを上演順で。
「紙の上の話し」「戦わないデイズ」「松任谷由実物語」「藹のある場所」「僕を寝かさない」「殴る蹴る」「まちのいきもの」「とりあえず先は見えない」「だらしなく人生は確かに続く」

 才能や能力のないことを突きつけられるのがとにかく怖く、小さくまとまって過ごしてきた作家人生ですが、ようやく「それでもやらなければならない」というような気持ちになりまして、先日初めて戯曲賞なるものに応募をしたりしてみました。『せんだい短編戯曲賞』という賞です。"短編"戯曲賞です。6年間短編しか書いてこなかった僕にとっては、もう戯曲賞が向こうからネギ背負ってやってきたようなものじゃないですか。これはもらわなきゃいけない賞だと、なんとかかんとか新作を書き上げて応募をしましたが、自分がネギ嫌いなことに気づいたのは郵便窓口で消印が捺されてからでした。

 この作品、最終候補にも残らなかったらホームページで全編公開をして、何が駄目だったのか一人検討会を開こうと思います。先ほど応募数161編というのを見てしまい、もうすでに負けた気になっています。そんな僕に色々とご期待ください。



今後の出演情報

 初日まであと10日を切りまして、稽古も大詰めです。
 前半の回は国分寺大人倶楽部でもお馴染みの「終演後のおまけ演劇」がついてきます!是非にっ。
(※簡易公演情報を載せております。詳細は過去の記事をご覧ください。)


Straw&Berry 第1回公演『マリア』
脚本・演出:河西裕介(国分寺大人倶楽部)

【出演】
佐賀モトキ、金丸慎太郎(贅沢な妥協策)、鮎川桃果、岩本えり(乞局)、岡野康弘(Mrs.fictions)、野田慈伸(桃尻犬)、野田裕貴、松澤匠、百花亜希(DULL-COLOREDPOP)

【日程】
4月17日(水)~23日(火)

【チケット】
(全席自由・日時指定)
前売…3000円
当日券…3500円
中高生…20円(枚数限定、前売のみ、要学生証)

【公演会場】
王子小劇場

【ご予約】
http://ticket.corich.jp/apply/43611/okn/
(こちらでご予約いただくか、このブログのコメント欄やツイッターなどでも承ります)

【お問い合わせ】
Straw&Berry
MAIL:straw_and_berry_xxx@yahoo.co.jp






・・・・・

岡野康弘
twitterID:https://twitter.com/okano_fictions
tumblr:http://okano-fictions.tumblr.com/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mrsfictions.blog110.fc2.com/tb.php/309-75854f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。