Mrs.fictions製作日誌

舞台製作者集団Mrs.fictionsの製作日誌です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台本のこととか。今村

ブログの、未分類にカテゴライズされていたものどもを分類。
全部雑記。
おれ雑記しかかいてないのか。
というか、最近雑記も雑記、部屋を片付ける話しか書いてない!

これはフィクションズブログとしてはいかがなものか。
と思ったので台本のこととかも書かなきゃいかんのではないか、と。

あと、エロ広告消してみた。
これで先日の日記をおもむろに読んでしまった方が居たらぼくは妄想の中のエロ広告と戦っている可哀想な人になってしまうという訳です。
かといって、気を使ってエロコメントはいりませんよ。

えー、台本。
Mrs.fictionsを旗揚げしてからこっち、旗揚げ以前よりすごい減ってます。書く量。
あら。
それは旗揚げしてから一年くらいは、運営面に追われていてあんまり考えたりする時間がなかったことも原因の一つであります。
でも、もっと根本的に、特に書きたい欲求がなかったことが上げられます。
誰からも求められず書きたい欲求もなきゃ、それは書けないでしょうて。
実際は15mmでのプレゼンなんかもあったりしたので、ないトコから絞り出ししてましたが、なんだか違う。
本当はもう、いいんじゃないか書かんでも、と思いながら過ごしていました。

が、しかし。
旗揚げからこっちずうっと2,3ヶ月に一度公演を打ってきた我々でしたが、八月の15mm4が終わってから今まで、割と時間がゆったり流れました(色々話しては居たんだよ)。
隙間が出来ました。
そうしたら、なんだかやっぱり戯曲書いて人に褒めてもらったり、元気になってもらったりしてーなー、と思ったりするようになりました。
何かに追われてりゃそれはそれでいいけど、なんにもないなら基本的には書きたいみたいです。

Mrs.fictionsという集団の輪郭が段々自分の中でもはっきりしてきたことも原因の一つです。
ぼくは旗揚げした当初、メンバー全員をなんとか演劇で生活させたい、と考えていました。
おこがましいけれども、ぼくがなんとかしよう、と。
だから、運営もやらせ、会議も週二回。
なによりまずはMrs.fictionsを小劇場界内にしっかりと安定させる、ということをしたくてその為にすべきこと、という縛りを自分に与えていました。それは作品を書くことではなく、集団の運営だったのです。
まあ、言ってしまえばみんなのことを信頼できていなかったっちうことなんですが。
だけど、八月が終わってこっち、色々話し、みんなの充実はみんなの中にあるんだし、役者は客演一杯すべきだし、ぼくはぼくの充実を図るためにMrs.fictionsを作ったのだ、という事を今更ながら認識できたのです(おれ以外のメンバーはそこら辺とっくに分かっていたので、おれ、あかんのですが)。

それでちょっとふらふらしたりしながら、ああ、やはり書かんとなあ、となったんです。
遠回り!

あ、あと、同居人・柴と焼肉食ってた時に、彼が「面白いと思う作品が少ないんだったら自分で作るしかないんだよ。他の人に自分の面白を求めるのは違う」とかなんとか言ってたのもなんかすごい説得力あったです。さすが柴。たまに焼肉連れてっていいこと言ってもらおう。

忙しすぎると脳みそが固まってくるので、柔軟に、色々感性豊かに物事みよー、と久々思いました。
あと、でも結局今のまま書いてもパッとする気がしないので、パッとしなきゃなあ、と思っています。

そんな訳で、最近はパッとする為にちょっと努力をしているのです。
無理して遊んだり、体と心動かさんとなあ、と思っています。

ああ、具体的じゃないなあ。
健康的じゃない芝居が作りたい。いびつな、裏っかわからグイグイ押すような。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mrsfictions.blog110.fc2.com/tb.php/93-b74f8d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。